JPN書紀

#麻雀部 公式ルール

#麻雀部 公式ルール

■基本ルール
1.東南戦半荘戦。
2.喰いタン、後ヅケあり。(アリアリ)
3.常時1翻しばり。和了ったときに1翻あればよい。
4.終了時、2位以下は500点以下切捨て、600点以上切上げ(五捨六入)。25.000点持ちの30.000点返し。トップ者にはオカの20.000点が加点される。
5.順位ウマは1位+20.000点、2位+10.000点、3位△10.000点、4位に△20.000点。
6.順位は上家優先なし。同得点の場合は同順位。オカ・ウマとも同得点者の人数で割り、加減される。
7.王牌は14枚残し。
8.表ドラ、裏ドラ、カンドラ、カン裏ドラあり。暗カン明カンに関わらず全て先めくり。(ドラはすべて表示牌の次牌とする)
9.途中流局なし。(トリプルロン、九種九牌、四風連打、四開槓、4人リーチ等)
10.オーラスの親の和了り止めなし。テンパイ止めなし。
11.ハコ割れ終了なし。
12.ダブロン、トリプルロンなし。上家の頭ハネとなる。(明らかに遅いロンがあった場合は発声が早い方をアガリとする)
13.チー、ポン、カン、ロン、ツモ、リーチは必ず発声して行う。
14.ポン・カンはチーに、ロンはすべてに優先するが、発声が著しく遅れた場合はこれに相当しない。
15.ノーテン罰符は場3.000点。形式テンパイでよい。自分の手牌で和了牌が消去されているものはテンパイではない。(上がり牌を自分でポンしての単騎待ち等)
16.本場は1本につき300点。
17.テンパイ形の公開は東家(親)→南家→西家→北家の順に行う。
18.自分の牌に関する見せ牌規定はない。(但し、故意に見せた場合など悪質なものについてはチョンボの対象となる)
19.連荘は親の和了り、または流局時に親がテンパイしていれば成立。流局時に親がノーテンであるか、子の和了りがあれば、次局へ移る。オーラスの場合終局。
20.西入なし。
21.赤ドラ,チップ,その他祝儀なし。

■リーチ
1.リーチは1翻、リーチ棒は1.000点とする。
2.ダブルリーチは2翻。(但しポン、チー、カンのない第1巡でのみ有効。自らの暗カンがあっても無効)
3.自分のツモ番がなくてもリーチはかけられる。
4.リーチの取り消しはできない。(発声のみでも取り消し不可)
5.ノーテンリーチは流局時にチョンボ。
6.リーチ棒はその局の和了者が取得する。流局した場合には供託となり、次の和了者が取得する。オーラスが流局した場合リーチ棒はトップ者に渡る。
7.オープンリーチなし。
8.フリテンリーチあり。ただしツモ和了りのみ。
9.リーチをかけて和了り牌を見逃した場合、以後はフリテンリーチと同じ扱いとなる。

■カン
1.カンを行うときは4枚の牌すべて見せてからにする。
2.リーチ後の暗カンは手牌のメンツ構成が変わらない場合のみできる。(これに反する場合は流局時にチョンボ)
3.嶺上開花による和了りはすべてツモ和了りとする。
4.4回カン行為が行われていた場合、5回目のカンはできない。
5.暗カンにチャンカンは該当しない。国士の特例はなし。
6.海底牌・河底牌のカンはできない。
7.チャンカンでの和了りがあった場合、新たなカンドラは乗らない。
8.嶺上開花の1翻と海底摸月の1翻とは重複しない。
9.嶺上開花での和了りがあった場合、新たなカンドラが乗る。


■和了り役
1.以下の役を和了り役として認める(※喰い下がり)
□1翻役
立直/一発/門前清自摸和/平和/タンヤオ/一盃口/翻牌/嶺上開花/槍槓/海底摸月/河底撈魚
□2翻役
三色同順(※)/一気通貫(※)/チャンタ(※)/七対子(25符固定)/対々和/三暗刻/連風牌/三槓子/三色同刻/混老頭/小三元/ダブル立直
□3翻役
混一色(※)/純チャンタ(※)/二盃口
□6翻役
清一色(※)

■役満
1.数え役満はなしとする(11翻以上はすべて3倍満)。
2.以下の役を役満(子32000点・親48000点)とし、複数種類以上、同時成立する場合に限りダブル/トリプル役満等を認める。
 ・天和:親が第1ツモで和了る。
 ・地和:子が第1ツモで和了る(但しそれ以前にポン・カン・チーが入っていないこと)。
 ・大三元
 ・四暗刻
 ・清老頭
 ・大四喜
 ・小四喜
 ・字一色
 ・緑一色:發を含まなくても成立。
 ・国士無双:暗カンに対するロンは不可。
 ・九連宝燈:和了形が九連宝燈なら可。
 ・四槓子:雀頭の完成をもって和了りとする。


■パオ
1.パオの適用を受けた場合、ツモ和了ったら責任払い、別の放銃者がいたら折半払い。
2.パオの適用は、以下の3種類。
 ・大三元→三種類目の大三元牌をポン(カン)させた場合。
 ・大四喜→四種類目の風牌をポン(カン)させた場合。
 ・四槓子→すでに3つの槓子をさらし暗刻を持っているものに対し、4つ目のカンをさせた場合。


■チョンボ
1.チョンボの罰符は、親子に関わらず他家に4,000点ずつ、計12,000点支払とする。
2.チョンボが発生したらその局はノーゲーム扱いとなる。積棒は増えず、同じ親での再ゲームとなる。チョンボが発生した局に出されたリーチ棒などは出した本人に戻る。
3.次の行為をチョンボとする。
 ・和了ることができない牌で和了宣言/フリテンでのロン和了り宣言をして、手牌を公開した場合。
 ・ノーテンリーチ(流局時)。
 ・リーチ後、正当ではない暗カンをした(流局時)。
 ・ゲーム続行を不可能にした場合(大量に壁牌を倒す、全自動卓の操作を誤り牌を流してしまう等)
 ・他人の手牌や壁牌を故意に覗いた場合。
 ・その他、悪質な行為をしたと他家全員が判断した場合。
 ・和了り放棄の宣言を受けた状態で禁止行為(和了り・テンパイ宣言・ポン・チー・カン・リーチ)を行った場合。

■和了り放棄
1.和了り放棄の宣言を受けた者は、以後、和了り・テンパイ宣言・ポン・チー・カン・リーチの行為は禁止される。
2.次の行為をしたものは和了り放棄となる。
 ・誤ポン/誤チー/誤カンをして、打牌を完了した場合。
 ・和了ることができない牌で和了宣言/フリテンでのロン和了り宣言をして、手牌を公開しなかった場合。(誤発声)
 ・極端な先ヅモ、ツモ番抜かし等、正当ではないツモを行った場合。
 ・多牌/少牌。

■1000点供託
1.次の行為をした者は1,000点の罰符を支払う。罰符は供託として扱う。
 ・誤ポン/誤チー/誤カンをして、打牌を完了する前にその行為を中止した場合。(誤発声)


■補足事項
1.子の7.700は8.000、2.000・3.900は2.000・4.000、親の11.600は12.000、3.900オールは4.000オールに切り上げる。
2.喰い替えはできない。現場喰い替え、スジ喰い替え(両面喰い替え)ともに不可。
(喰い替えとなる牌で打牌を完了した場合、手牌に戻して再度別の牌で打牌を行う)
3.連風牌トイツは2符とする。(ダブ東、ダブ南)
4.嶺上開花での和了りがあった場合、ツモ符2符を加算する。
5.自動配牌式の卓を使用する場合、開局時にドラがめくられない場合は全て自五で取り出し。
6.親決めは半荘毎に自動卓搭載の機能によって行う。機能がない場合は前トップ者を起点に2度振り。
7.席決めは白を含む掴み取りとし、3半荘終了毎に席替えを行う。
8.点数申告を間違えた場合は和了り形が確認できる時点まで修正を可能とする。
9.「打牌を完了」とは「エレベーターラインより前で牌が接地した時点」とする。ただし,自動配牌卓を使用の場合で親の第1打に限り「南家のツモ,他家のポン・チー・カン」が入る前までは「打牌を完了」後のツモを認める.

参考:
モンドTV麻雀プロリーグ 公式ルール
http://www.mondotv.jp/special/about_mpl/rule

麻雀最強戦 公式ルール
https://www.mahjong-saikyosen.com/rule/


スポンサーサイト

FC2Ad