JPN書紀

【最強決定戦タイティさん戦使用PT】電磁波砂ver.3560

【ポケモンBW2】ガチポケ使いの最強実況者決定戦【vsタイティ氏】



※動画のネタバレ注意!





248.gif445.gif488.gif376.gif642-therian.gif245.gif


バンギラス気合の襷電磁波冷凍ビーム10万ボルト挑発
ガブリアス光の粉逆鱗地震剣の舞身代り
クレセリア ゴツゴツメットサイコキネシス冷凍ビーム電磁波三日月の舞
メタグロス達人の帯草結びアームハンマー冷凍パンチバレットパンチ
霊獣ボルトロスオボンの実10万ボルトめざパ氷気合球悪巧み
スイクンカゴの実熱湯瞑想眠る吠える









◯パーティ概要

オーソドックスな電磁波砂パを580族以上で組んだらこうなった.といった感じ.
動画内でも言ったが,以前も使っていたパーティを対タイティさん仕様にカスタマイズしたもの.

なぜこのパーティを使おうと思ったかというと,
普段のタイティさんは
あくび どくどく 眠りごな 痺れごな
等の補助技を使うイメージが強く,身代わり持ちを軸としたかった.

スイクン?瞑想ラティ?どくまもドラン?
などといろいろ考えたが,最も自然に身代りが技スペースに入ってくる砂ガブ採用に至った.


◯個別解説
バンギラス@気合の襷
NN:Rock Stock
175-x-131-147-120-124


技構成以外は至って普通のレートでもよく見る電磁波砂の特殊バンギラス.
火炎放射を切ったことでハッサム(ナットレイ)が無茶苦茶重くなったため,自由枠で使われなくて本当に安心しました.

NNはthe pillowsのベストアルバム「Rock stock&too smoking the too pillows」より.
まあこのアルバム自体別の元ネタがあるんですが.


ガブリアス@光の粉
NN:XXXG-01D
205-160-116-x-106-169

205ガブ.特に触れる必要もないテンプレ.
竜技が逆鱗なのは受けれるポケモンが初代にはいないのと,火力不足を補うため.ダブルチョップは外すし.

NNはガンダムデスサイズの型式番号.困ったら型式番号をつけるパターンです.
でも,見た目といい,特性砂隠れといい,この子にぴったりでしょ?

クレセリア@ゴツゴツメット
NN:ジャブロー
223-x-174-112-151-106

電磁波撒き要員その2,消耗したエースの復活も.
配分意味わからん的コメントが付いてたので詳しく言うと,
H:16n-1
C:ゴツメ+冷凍ビームで 無振りカイリュー最低乱数切り 無振りガブリアス確定1発
 サイコキネシスでDダウンパルシェン確定1発
B:(余り)
 A特化パルシェン氷柱針乱数12発 A204カイリュー逆鱗確定3発
D:(余り)雨眼鏡グドラドロポン+ステロ確定耐え

特にC振りが重要で,三日月の舞によるガブリアスや他エースの復活ももちろん大事だが,バンギガブ選出時に厳しい相手のガブリアス(カイリュー)を迅速に処理するためにもCはなるべく確保したかった.

耐久方面は余りです,それでも凄い硬いけど.

NNはジャブロー.要塞ぐらい堅くて最後に自爆しちゃうところがまさに.


メタグロス@達人の帯
NN:MonsterC.C
187-176-153-116-135-81

耐久調整帯グロス.
砂ガブ最大の弱点であるパルシェン&物理受けをなんとかする枠.
メタグロスの調整は迷ったが,最後の最後までドロポンめざ草持ち特殊パルシェンの可能性が頭から離れなかったため,Dに厚いこの調整を採用せざるを得なかった.

ラッキー・カビゴンを見るためにもアムハンは外せなかったので両刀確定.
どんなパルシェンでも1発で処理&ヤドランへの確定数 を考えて勇敢にして帯持たせないと火力が足りなかった.

もちろん普通のレートだと汎用性と火力が低すぎて何とも言えない使用感です.
NNはthe pillowsの楽曲より.


霊獣ボルトロス@オボンの実
NN:ふろあがり
172-x-94-192-101-153

裏選出のエース.調整に関しては動画内(9:55くらい)で詳しく書いてるのでそちらをご覧ください(;´∀`)w

対受けループ枠であるオボン悪巧み型をタイティさん用にカスタマイズしたやつ.
電磁波入らない&ガブリアスより早いサンダースをなんとかするためのポケモン.
構築段階でパートナーズにも入っているサンダースが重たくて重たくて仕方なかったのはわかっていたが,パーティの完成度には自信があったのでこのまま行くしかなかった.
一応サンダースのめざ氷はオボン込みで3発耐えて,悪巧み気合球で確定で落とせるのでなんとかできるつもり.

素早さは一応準速にしたが,もっと落として火力に割いても良かった.
これについては記事の最後にもっかい触れます.


スイクン@カゴの実
NN:ナミダ
207-x-176-110-143-105

CS無振りでかなり耐久に割いた図太いスイクン.
サンダースもなんとか1発殴れるようにDにも結構割いた.

タイティさん自身も仰っていたとおり,初代パ相手にはねむカゴスイクン以外考えられませんでした.
技構成は吠えるか身代りかで悩みましたが,身代わり持ちギャラドス・ラッキーで積まないように吠えるを採用しました.
最近は吠える持ちスイクンばかり使ってて抜くのが不安になってくるレベル.

とにかく霊獣ボルトロスとの相性が素晴らしく,選出はだいたい2体セットでした.
レートでは電磁波砂の苦手なマンムー・カバドリュなどを相手にするためどうしてもスイクンに頼りがちになってしまう.

臆病スイクン信者なんで図太いは余り使わないんですが(どうしても零度スイクンの劣化になりがちですし……)
思ってたよりも堅くてびっくりしました.
Sにもう少し振ろうか悩みましたがパートナーズ的に無振りでも問題ないと判断しました.


◯選出率とか勝率とか
34勝17敗 勝率66.6% 最高レート1627
バンギラス:25 ガブリアス:21 クレセリア:16 メタグロス:21 霊獣ボルトロス:41 スイクン:29

ボルトロス選出しすぎwww
だいたい1600前後をうろついてました.
一応対初代パにカスタマイズする前の基になったパーティでは1680ぐらいは行ってたんで,やはり砂ガブは強い.

とにかくハッサムとウルガモスが重すぎて辛かったです.
ハッサム入りには電磁波で事故らせるか熱湯で火傷させるぐらいでしか勝てず,ラムウルガには運が良くない限りほとんど勝てませんでした(;´∀`)w



◯実際の試合では…



王者の印パルシェン最強ですわあ……



タイティさん視点を見てくれればわかると思いますが,タイティさん側からの勝ち筋は100%あの方法しかなく,それをしっかり決められたという試合でした.

冷静に見なおしてみての反省点は,
「身代りバトンされたパルシェンに対して吠えるスイクンを出さなかったこと」
ですが,確かにあそこでスイクンを出してもおそらくジリ貧だったことには変わりませんが,メタグロス交代を即決するのではなくもう少し考えるべきでした.
スイクンでロクブラ耐えて吠えるしてサンダースではなくモンジャラが出ていればそこから瞑想積んで…といった展開があっただけに悔しいです.
なぜあそこでメタグロス交代を即決したのか,理由は主に2点

1.メタグロスはパルシェンのためだけに選出した
2.図太いスイクンの耐久を信用していなかった

まず1ですが,選出段階でボルトスイクン@1で悩み続け,最終的にメタグロスを選出しましたが,このメタグロスの選出理由は「パルシェン対策」1点だけでした.
そのため,パルシェンを目の前にした時点でメタグロスを出すことが半ば思考停止になっていた.

次に2ですが,試合が終わってからもうだいぶ経つので白状しちゃいますが,
「スイクンがパルシェンの殻破るロックブラスト2回耐えるなんて,微塵にも思ってませんでした」
計算してみればわかりますが,急所さえ引かなければロクブラ10発はほぼ確定で耐える.
このことがわかっていれば,少しでもスイクン交代という選択肢が考えられたと思います.

ですが,後語りでも述べたようにメタグロス交代自体は大きなプレイミスではなく,負けるべくして負けた試合でしたので後悔はほとんどありませんした.
メタグロスへの2回急所も怯まなかっただけマシとも言えますし.

この試合のポイントは,メタグロスへの2回急所でもスイクンの怯みでもなく
間違いなく,「ボルトロスのめざ氷で身代りが壊れなかったこと」に尽きます.
確率にして43%に泣いた試合となってしまいました.


霊獣ボルトロスの調整を
「最速サワムラー抜き(キリッ」
とかやってないで81族抜きまで落としてもっと火力に割いていれば……
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jpokemon.blog.fc2.com/tb.php/5-332dcb89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad